とっておけば有利な資格

トップページ>このページ

とっておけば仕事上有利が資格について説明します。

衛生管理者

従業員が50人以上になればどの業種でも必要です。
衛生管理者とは

作業主任者

労働安全衛生法の決まりで、一定の有害作業や危険作業には作業主任者をおかなければならないことになっています。作業主任者の種類は数多くありますが、どれも国家資格なので会社を辞めたあともずっと有効です。
作業主任者になる

簿記検定

簿記を学べば経営の仕組みが分かるので、経理事務を目指す人だけでなく、ビジネスに関与する人全般にお勧めしたい資格です。
日商簿記検定試験

基本情報技術者

ITエンジニアを目指すなら、是非取得したい資格です。
基本情報技術者

MOS(Microsoft Office Specialist)

マイクロソフトが出しているWord・ExcelなどのOffice製品をどれくらい使いこなせるかスキルを証明する資格です。
MOS

日商PC検定

パソコンの力がビジネスで必要な程度の水準にあると判断されます。
日商PC検定

TOEIC

TOEICの点数で会社等に英語力をアピールすることができます。就職や転職の際に有利な資格です。
TOEIC

ファイナンシャルプランナー(FP)

お金に関する専門家です。銀行や証券会社、保険会社などの業界で働くときにこの資格を生かすことができます。
ファイナンシャルプランナー(FP)

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は介護の資格の第一段階の資格です。旧ヘルパー2級に相当するといわれています。
介護職員初任者研修

医療事務

病院等で、受付や会計、診療報酬明細書の発行などの仕事に従事する人のスキルを証明する資格です。
医療事務

調理師

飲食店、介護施設、病院、学校給食、ホテル旅館など、広く必要とされている技能です。
調理師

毒物劇物取扱者

一般になじみのない資格ですが、試験研究機関に試薬等を納入する業者や、農薬を扱う業者には必須の資格です。
毒物劇物取扱者試験

自動車運転免許

今は必要ない場合でも、とるとなると時間とお金が結構かかるので、とれるときにとっておくべき免許だと思います。
自動車運転免許

資格試験の勉強法

資格試験の勉強法