労災保険をもっと気軽に

病気やケガの原因が仕事にあるときは事業主が加入している労災保険から給付を受けることができます。

労災保険は簡単には使用できないと思っている人が多すぎます。仕組みを知ってもっと気軽に利用しましょう。
労災保険の使い方

労災保険の対象になるのは、仕事に伴ってケガをしたり、仕事が原因で病気になった場合です。対象になるケースを知れば使いやすくなります。
業務上災害の要件

通勤中の事故も労災保険の給付を受けることができます。
労災保険は通勤中の事故にも適用されます

受給できる給付の内容を説明します。ケガをしたときの治療費用や休んだ時の手当などいろいろな給付が給付があります。
労災保険からどんな給付が受けられるのか

労災保険を受給できるのは労働者か遺族ですが、労働者と同様に働いていても労働者と認定されない場合もあります。また、遺族の範囲や受給順位にも注意が必要です。
労災保険を受給できるのは労働者か遺族です

複数の職場で働いている人は、合算した賃金で給付額が決まります。また、職場での負荷もあわせて判断されます。
複数の職場に勤務している人の労災保険

交通事故など加害者がいるときは届け出が必要です。
労災保険における第三者行為

こんなときも労災保険を利用できます。
腰痛と労災認定

精神障害と労災認定

脳・心臓疾患と労災認定

労災事故の場合は、慰謝料などを事業主に請求できる場合があります。
損害賠償を請求できる場合がある

労災申請が通らないこともあります。
労災に認定されなかったら

トップページ>このページ