遺族の生活を守る遺族年金のポイント

トップページ身近な人が亡くなったら>このページ

遺族年金の種類

遺族が受給できる年金にはいくつか種類があります。

遺族基礎年金

国民年金から遺族基礎年金が支給されます。遺族基礎年金は原則として18歳年度末までの子がいるときに支給されます。

遺族基礎年金の支給条件は?いくらもらえる?

遺族厚生年金

会社等に勤務していた人が亡くなると遺族に遺族厚生年金が支給されます。遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方が支給されることもあります。

遺族厚生年金の支給条件は?いくらもらえる?

中高年寡婦加算

中高年寡婦加算は、遺族厚生年金を受給する人で、40歳から65歳までの妻に、加算される年金です。

中高齢寡婦加算は遺族年金に加算される年金です

経過的寡婦加算

中高齢寡婦加算を受給していた人が65歳になれば、中高齢寡婦加算が終了し、代わりに経過的寡婦加算が支給されます。

中高年寡婦加算が終われば経過的寡婦加算が支給される

寡婦年金

寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以上ある夫が死亡した場合、10年以上婚姻関係があった妻に、60歳から65歳まで支給される年金です。

寡婦年金は遺族基礎年金をもらえない60歳以上65歳未満の妻に支給される年金です

死亡一時金

死亡一時金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間が36月以上の人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けないままに亡くなったとき、その遺族に支給される一時金です。

死亡一時金は第1号被保険者が亡くって他の年金を受給しないときに支給される

遺族年金に関連して知っておきたいこと

以下の注意事項にも目を通してください。

内縁関係の場合でも遺族年金を受給できる場合があります。生計維持関係が認められること、事実婚として認定されることが必要です。
年金での内縁の扱い

生計維持されている人とは、①生計を同じくしていること、つまり生計同一であることと、②収入が一定額以下であること、以上2つの条件をいずれも満たす人のことです。
生計を維持しているとは

離婚した夫が死亡した場合、子供が18歳年度末までにあれば、その子は遺族年金を受け取れる場合があります。元夫が再婚していても、再婚相手との間に子がなければ同じです。
元配偶者の死亡による遺族年金

遺族厚生年金では死亡した者の要件として、短期要件と長期要件とがあります。長期要件は保険料納付期間25年以上ですが、短縮される場合があります。
遺族年金の長期要件の短縮

遺族年金は遺族がその固有の権利に基づいて受給するものなので、相続財産には含まれません。 相続放棄をした場合でも、遺族年金を受け取ることができます。
相続放棄と遺族年金

支給日は偶数月の15日です。支払月の前2ヶ月分が支給されます。
年金の支給日

年金を受けている方が亡くなったときは「年金受給権者死亡届(報告書)」の提出が必要です。マイナンバーが収録されている方は、原則として届を省略出来ます。未支給年金があれば遺族が請求できます。
受給者の死亡

労災で死亡した人の遺族には労災保険からの給付もあります。
労災保険の遺族年金