遺族の生活を支える遺族年金のポイント

トップページ身近な人が亡くなったら>このページ

チャートで解説

遺族年金早わかり

生計維持という条件

遺族年金を受給するには、亡くなった人によって生計が維持されていたかということが大きながポイントです。

生計維持されている人とは、①生計を同じくしていること、つまり生計同一であることと、②収入が一定額以下であること、以上2つの条件をいずれも満たす人のことです。

関連記事:生計を維持しているとは

生計維持の条件を押さえ上でそれぞれの年金の支給要件を確認しましょう。亡くなった人の加入状況によって受け取れる年金が異なります。

遺族年金の種類

遺族基礎年金

国民年金から遺族基礎年金が支給されます。遺族基礎年金は原則として18歳年度末までの子がいるときに支給されます。

関連記事:遺族基礎年金の支給条件は?いくらもらえる?

遺族厚生年金

会社等に勤務していた人が亡くなると遺族に遺族厚生年金が支給されます。遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方が支給されることもあります。

関連記事:遺族厚生年金の支給条件は?いくらもらえる?

中高年寡婦加算

中高年寡婦加算は、遺族厚生年金を受給する人で、40歳から65歳までの妻に、加算される年金です。

関連記事:中高齢寡婦加算は遺族年金に加算される年金です

経過的寡婦加算

中高齢寡婦加算を受給していた人が65歳になれば、中高齢寡婦加算が終了し、代わりに経過的寡婦加算が支給されます。

関連記事:中高年寡婦加算が終われば経過的寡婦加算が支給される

寡婦年金

寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以上ある夫が死亡した場合、10年以上婚姻関係があった妻に、60歳から65歳まで支給される年金です。

関連記事:寡婦年金は遺族基礎年金をもらえない妻に支給される

死亡一時金

死亡一時金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間が36月以上の人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けないままに亡くなったとき、その遺族に支給される一時金です。

関連記事:死亡一時金は他の遺族年金を受給しないときに支給される

遺族年金の受給手続き

残された遺族の生活を支えるために、一定の遺族に遺族年金が支給されます。遺族年金は請求手続きをしなければ支給されません。

関連記事:遺族年金をもらうにはどういう手続きが必要か?

労災保険の遺族年金

労災で死亡した人の遺族には労災保険からの給付もあります。
労災保険の遺族年金