離婚すれば慰謝料をもらえるのか

Last Updated on 2021年5月2日 by よも

離婚すれば慰謝料がもらえるということではありません。離婚の原因によります。

離婚の原因が相手方にある場合は慰謝料をもらえる可能性があります。少なくとも請求することはできます。

相手方に離婚事由があって離婚する場合は慰謝料をとれる可能性が高いでしょう。単なる性格の不一致では慰謝料をもらうのは難しいかもしれません。

離婚できる理由は民法に定められている

慰謝料は、精神的苦痛を慰謝するために支払われる金銭のことですから、精神的損害を受けたという証拠が必要となります。証拠というのは、医師の診断書、警察等への相談経緯、状況を知っている人の証言などですが、自分で書いたメール、手紙、日記なども証拠として使うことができます。

慰謝料の金額が決まる要素としては、精神的苦痛の度合いとともに支払う側の年収や、社会的地位、その他の要因に左右されます。

協議で離婚が決まり、慰謝料についても合意があった場合は、口約束ではなく離婚協議書を作成しましょう。離婚協議書は公正証書にしましょう。

離婚協議書は公正証書にするべきです

お金はかかりますが、弁護士、行政書士等の専門家の手を借りた方が安全安心です。

トップページ離婚についてのあれこれ>このページ

投稿日:
カテゴリー: 離婚