カテゴリー
遺言

遺言書の検認について

Last Updated on 2020年11月9日 by よも

トップページ遺言を残すには>このページ

検認が必要な場合がある

遺言書を見つけてもすぐに開封してはいけません。家庭裁判所に持って行かなければならない場合があるからです。

民法第1004条 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
2 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
3 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

e-Gov法令検索 2020/09/17

第1項は、(すべての)遺言書は家庭裁判所に提出して「検認」してもらうべきことを定めています。

第2項目は、公正証書遺言は検認がいらないとを定めています。自筆証書遺言と秘密証書遺言は除外されていないので検認が必要ということになります。

第3項は、封印している遺言書について定めています。封印してあれば開封できません。家庭裁判所に持参する必要があります。

これは、検認がいらないことになっている公正証書遺言も同様です。一般的には公正証書遺言は封印をしないものですが、もし封印されていたら民法1004条第3項が適用されるので家庭裁判所に持って行かなければなりません。

検認の手続き

検認とは「遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続」です。

検認を受ける前に開封すると法律により罰則があります。

申立先は、亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

申立てをする人は、遺言書を保管している人、または遺言書を発見した人です。相続人しかできない、親族しかできないということはありません。

費用は1,000円程度です。

必要書類は、

□ 申立書(家庭裁判所のホームページに書式があります)
□ 遺言書
□ 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍(原本)
□ 相続人全員の戸籍謄本
□ 相続人全員の正確な住所がわかるもの(住民票等)
□ 被相続人の正確な最後の住所がわかるもの(除住民票等)

申立後、家庭裁判所から検認期日(検認する日)の通知が申立人と相続人全員にきます。

申立人はその日に裁判所へ行かなければなりませんが、それ以外の相続人の出席は義務ではありません。相続人全員が出席しなくても、検認手続きは行われます。

検認期日に、家庭裁判所に申立人や相続人が出廷し、遺言書の開封・検認を行い、申立人が検認済証明書のついた遺言書を受け取り、検認手続きは完了します。

申し立てから検認が終わるまで平均2ヶ月程度かかっているようです。検認が終わるまでは遺産を分けることができません。