カテゴリー
介護

介護医療院は医療的ケアが必要な人の介護施設です

Last Updated on 2020年9月3日 by よも

トップページ親を介護することになったら>このページ

介護医療院とは

介護医療院は2018年4月より新設された介護保険施設の一つです。

2017年度に廃止が決まった(移行期間として2024年3月まで存続)介護療養型医療施設の後継施設にあたります。

介護医療院は、通常の介護サービスに加えて、日常的な医学管理、看取りやターミナルケアを行う介護保険施設です。

提供されるサービス

介護医療院では医療サービスが提供されます

・喀痰吸引
・胃ろう、経鼻経管栄養などの経管栄養
・点滴
・在宅酸素
・褥瘡のケア
・注射など薬の処方
・看取りやターミナルケア

また、食事介助、排せつ介助、レクリエーション、機能訓練、その他の介護サービスも提供されます。

これまでの介護療養型医療施設はあくまでも病院の一つでしたが、介護医療院は、特別養護老人ホームのような、生活の場所であること意識して運営されます。

職員体制

医療機関に近い職員数が配置されます。

・医師 1名以上
・看護師が入所者6人に対して1人
・介護職員が入所者5~6人に対して1人
・他に、薬剤師、ケアマネージャー、理学療法士、栄養士など

入居の手順

基本的なところは、特別養護老人ホームなどの介護保険施設と同じ手続きで入居します。

要介護1~5までの、医療ケアが必要な人が対象です。

病院に入院中の場合は、入院先のソーシャルワーカーに相談してみましょう。または、「介護サービス情報公表システム」などで介護医療院を探し、直接相談してみましょう。