カテゴリー
パソコン

最新バージョンのMySQLに変更する手順

Last Updated on 2020年8月8日 by よも

トップページパソコンについて>このページ

ワードプレスの「サイトヘルス」に、「古いデータベースサーバー」だと表示されました。

スターサーバーを使っていので、スターサーバーにログインしてMySQLバージョンを確認したところ、バージョンアップができるようなのでやってみました。

作業手順

ホームの「データベース移行ツール」をクリック

「データベース移行ツールの利用を開始する」をクリック

データベースを選択

「選択したデータベースをMySQL〇.〇に追加する(確認)」をクリック
(データベース一覧に「移行未完了」と表示されています)

「データベースをMySQL〇.〇に追加する(確定)」をクリック
(データベース一覧に「移行完了」と表示されています)

※ ここで、サーバーパネルメニューの「データベース設定」をクリック

「phpmyadmin」タブをクリックし、追加したデータベースの内容を確認します。

プログラムの設定ファイルにある「MySQLホスト名」を、「最新バージョンのMySQLホスト名」 に変更します。

自動インストール機能を利用していたので、wp-config.php を変更します。

「MySQLホスト名」は、データベース移行ツール内の「移行時に必要な作業について」に記載されています。

最後に、

「バージョンをMySQLx.xにする(確認)」をクリックします。

私の失敗

「データベースをMySQL〇.〇に追加する(確定)」をクリックしたら、

サーバーパネルメニューの「データベース設定」に行って、データベースホスト名を変更する必要があります。

ここで、うっかり、

データベースホスト名の変更を行わずに、移行ツールで、「バージョンをMySQL〇.〇にする(確認)」をクリックしてしまいました。

当然の結果として、

サイトにアクセスしたところ、「データベース接続確立エラー」が表示されて、サイトに接続できなくなっていました。

手順の説明を良く読まずに安直にやってしまった結果です。

リカバリー
要は、wp-config.php を書き換えればよいので、FTPで作業しました。

書き換え部分は、

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘mysqlxx.——–.jp’);

のxxの部分です。

① FTPソフトで接続して、wp-config.php の該当部分を書き換えて再送信しました。

複数あったので、WebFTPも使ってみました。

② スターサーバーにログインして サーバー管理ツール>ホーム>FTPアカウント設定

ドメイン名を選択

WebFTP にログイン

wp-config.phpを探し、編集ボタンで開き、ホスト名を書き換え。