カテゴリー
パソコン

SSLサーバー証明書更新未完了の通知がきたら

Last Updated on 2020年8月8日 by よも

トップページパソコンについて>このページ

無料サービスのSSLサーバー証明書を利用させてもらっているのですが、

スターサーバーから、SSLサーバー証明書更新未完了のお知らせ というメールがきました。

有効期限の延長するための更新作業を行いましたが、正常に完了することができませんでした、というメールです。

放置しているとどうなるかググってみたら、

SSL証明書の有効期限が切れてしまった場合「この接続ではプライバシーが保護されていません」や「悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジットカードなどの情報が盗まれる可能性があります」などというエラー画面がでて、サイトへ接続することができなくなってしまう。

と出ていたので、

お急ぎの場合はサーバー管理ツール内、SSL設定画面の「無料独自SSL」の一覧より、「更新」をお試しください。

という指示に従って作業しました。

サーバー管理ツール にログイン

SSL設定

ドメインを選択

!自動更新に失敗しました と出ていました

「更新」ボタンをクリック

SSLサーバー証明書を更新する(確定)をクリック

無事、「独自SSL設定を更新しました。」と表示されました。

今回はこれで済みましたが、手動での更新が失敗した時は、

・対象ドメインが有効であるかを確認する
・コモンネームの参照先が対象サーバであることを確認する
・.htaccess に設定の、サイトリダイレクト(自動転送)、アクセス制限・BASIC認証などのコンテンツ表示を制限するものを一時的に無効化する

という対策に進むようです。