カテゴリー
パソコン

ワードプレスのカテゴリーの使い方

Last Updated on 2020年8月8日 by よも

トップページパソコンについて>このページ

カテゴリーをどう使うか

WordPressのカテゴリーは投稿の記事をグループ別に編成するために使います。

設定しないとディフォルトでは「未分類」というカテゴリーに入り、これはあまり見栄えが良くないので、普通は何かしらカテゴリーを設定します。

メリットとしては、ユーザーにとって便利なこと、そして、SEOにも良いとか。

SEO対策はさておいて、ユーザーが読みやすい、関連する記事を紹介できる、というのは大事なことです。でも、せっかくカテゴリーを設定しても分類が下手だと逆効果かもしれません。

ユーザーがあるカテゴリーを選択すれば、そのカテゴリーに属する記事を一覧で表示します。あまり多いと、下の方までは目が行かないと思います。記事が多くなるとやむを得ないのですが。

記事が多い場合は、親カテゴリーに対して子カテゴリーを設定する方法があります。複雑になるのが難点ですが。

カテゴリー編集画面で説明文を入力すると、カテゴリー一覧に説明文を挿入することができます。この説明文はカテゴリー一覧の冒頭に表示されるので重要です。ただし、テーマによっては表示されません。

1つの記事に対して何個でもカテゴリを選択することができますが、あまり多くすることは奨励されていないようです。

すでにあるカテゴリーを変更する

メニューの「カテゴリー」をクリックします。

「カテゴリー」画面が表示されます。

編集したいカテゴリーにマウスを合わせ、メニューが表示されたら、その中の「編集」と書かれたリンクをクリックします。

「カテゴリーの編集」画面が表示されます。

修正する項目を修正します。

修正したら、画面下部に表示されている「更新」ボタンをクリックします。

記事にカテゴリーを設定していた場合、カテゴリーの名前を修正すると、そのカテゴリーが設定されていた記事も自動的に新しいカテゴリーの名前に置き換わります。

すでにあるカテゴリーを削除する

メニューの「カテゴリー」をクリックして「カテゴリー」画面を表示します。

編集したいカテゴリーにマウスを合わせ、メニューが表示されたら、その中の「削除」と書かれたリンクをクリックします。

確認ダイアログが表示されます。「OK」ボタンをクリックします。

これで、カテゴリーが削除されます。カテゴリーは削除すると復元することができません。必要であれば新しく作るしかありません。

記事に設定されているカテゴリーが削除された場合、その記事に複数のカテゴリーが設定されていた場合は、削除されたカテゴリーがなく残りのカテゴリーが表示されます。

1つだけ設定していたカテゴリーを削除すると、その記事はデフォルトカテゴリーである「未分類」カテゴリーが代わりに設定されます。

以上のようにカテゴリーを編集しても削除しても、記事がどうかなってしまうような大きな影響はありません。

タグによる分類

なお、WordPressには、「カテゴリー」の他に「タグ」という機能があります。カテゴリーは大きい分類に用い、タグはカテゴリーをさらに細かく分ける場合に使われているようです。もちろん、使い方は各人各様で良いのですが。
ワードプレスのタグの使い方