カテゴリー
パソコン

プラグイン Ad Inserter

Last Updated on 2020年8月7日 by よも

トップページパソコンについて>このページ

Ad InserterはGoogleアドセンスの広告設定にとても便利なワードプレスのプラグインです。

自動広告の設定

アドセンスにログインして、自動広告のコードを取得して自分のサイトに貼り付けると、広告の配置を自動的にやってくれます。

【アドセンスでの作業】

AdSenseにログイン

「広告の設定」をクリック

「自動広告の設定」をクリック

表示されたコードをコピー

このコードをあとで利用します。

【Ad Inserterでの作業】

プラグイン「Ad Inserter」をインストールし有効化します。

setting

歯車

headder

phpボタンを押す(色がつく)←修正のとき忘れがち

アドセンスで入手したコードをコピペする

Save All Settingsを押して設定を保存

流れとしては以上です。

作業中にアドセンス広告を表示しない設定

グーグルアドセンスを利用しているとき、自分の広告をクリックすることは、プログラムポリシーで固く禁止されています。

間違ってクリックしないように、ログイン中は広告が出ないようにしておきましょう。

設定>Adinserter

歯車マーク

Headerを選択
●が緑になっていることを確認。

そして、今設置しているAdSenseのコードを、次のように囲みましょう。

<?php if( !is_user_logged_in() ){ ?>
(AdSenseのコード)
<?php endif; ?>

この場合、ほかにもいろいろ指定していると分かりにくいですが・・・・、こんな感じです。

終わったら、Save Settings

これで、ログイン中であれば広告がでなくなります。

プレビューにアドセンスを表示しない設定

プレビューにアドセンスを表示しないだけであれば、

<?php if( !is_preview() ){ ?>

ただし、この場合は、プレビューを「更新」すると広告が表示されます。

特定のページにアドセンスを表示させない設定

しばらくやってみて気づいたのが、プライバシーポリシーのページのように広告がいらないページにも広告が表示されることです。

他にも広告が無い方がスッキリするページがあります。

ということで、一定のページにアドセンスを表示させない方法をさがしました。

やはり「Ad Inserter」を使います。

アドセンスからもらったコードを貼り付けた部分にコードを少し追加します。

手順としては、最初にコードをコピペしたときと同じですが、

アドセンスコードの前に

<?if(!is_page(array(1,2,3))){?>

アドセンスコードの後に

<?}?> を追加しました。

最初にコピペしたコードをこの2つで挟むわけです。

1,2,3の部分は、記事IDです。編集画面でURLにでている数字です。

終わったら、Save Settings

URLグループを使う方法

アドセンスにログインして、非表示にするページのURLを指定する「URLグループ」を作成する方法もあります。

ただし、私の場合、ほとんどの固定ページから広告を外すことができたのですが、一部、うまくいかないページがありました。