カテゴリー
パソコン

プラグイン UpdraftPlus

Last Updated on 2020年8月6日 by よも

トップページパソコンについて>このページ

WordPressのデータバックアップには、「UpdraftPlus」というプラグインを使っています。

「インストールと有効化」は他のWordPressプラグインと同じです。

有効化したら、
設定>UpdraftPlus Backup と進みます。

メニューから「設定」を選択します。

自動バックアップもできます。

バックアップデータの保存先にクラウドストレージを指定することができます。

Dropbox
Google Drive
One Drive
Google Cloudなど

私はDropboxを使っています。

クラウドを指定しなくてもバックアップ・復元の作業は可能です。その場合はサーバー上にバックアップデータが保存されます。

設定したらバックアップします。

メニューから「バックアップ/復元」を選択します。

「今すぐバックアップ」をクリックします。

Take a new backup
のチェックボックス、上3つにチェックします。

「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップが開始され、バックアップデータのZipファイルが作成されます。

「バックアップは成功したようで、現在は完了しています」というメッセージがでます。

次は、リストア(復元)の手順です。

バックアップ済のリストから復元するファイルをチェックします。

「復元」をクリックします。

復元ボタンを押して、「Restore failed…(復元失敗)」と表示される場合は、「古いディレクトリを削除」ボタンを押しましょう。

このUpdraftPlusによる復元は、自分としては最後の手段と思っています。幸いにしてこれまでは実際にここから復元したことはありません。