カテゴリー
労働条件 就職 雇用契約

入社する前と話しが違う

Last Updated on 2020年6月8日 by よも

トップページ職場でトラブルになったら>このページ

やっと採用してもらえたと思ったら、話しがずい分変わってきた。こんなのでよいの。対応策について書きました。

求人広告や求人票に虚偽がある

仕事をさがしていると、いろいろな求人を目にします。

良いことばかり書いている求人は、少し疑った方がよいです。誰でもできる簡単な仕事でたくさん儲かる仕事は世の中に無いと思った方がよいのです。甘い言葉で誘う中には危ない仕事や、法律に違反する仕事まであるかもしれません。おかしいと思ったり、不安を感じたりするような場合は決して関わらないようにしましょう。

詐欺的なものとまでは言えないものでも、事実を伝えると誰も応募してくれないと考えて、実際よりも飾った条件で人を集める手法は、残念ながら行われています。

こういう会社は、実際の労働条件が求人票や求人広告と違うことがいろいろな段階で分かります。いずれの段階であっても、臆せずに、違うところを指摘し改善を求めましょう。他に就職先がないなどで我慢することもあると思いますが、そもそも、このような手法で人を集める会社は、他にも我慢しなければならないことが次々と出てくるものです。早々に見切りをつけるのが上策かもしれません。

労働条件通知書に虚偽がある

なかには、労働条件通知書は求人票と同じなのに、実際に最初の給料を受け取ったら違うということがあります。約束通りの給料をもらうことは労働者にとって最も重要なことです。支払い金額について不明な点がある場合は必ず会社に確認しましょう。

また、自分が想像していた仕事と違う場合もあるかもしれません。単なる思い込みの場合もあるので、自分がやっていけるかどうかよく考えたり、第三者に相談するなどして、それでも続けられないと判断したときは、きちんと会社に申し出ましょう。

労働条件通知書が交付されない

そもそも労働条件通知書を交付せず、書面の雇用契約書も無いという会社もあります。この会社は何も文書をくれない。と感じたら、募集広告やメール、メモでも、少しでも証拠になりそうなものがあれば、取っておくようにしましょう。争うことがなければそれでよいのですが、もし争うことがあれば、証拠らしきものが全くないのと少しでもあるのとでは違いがあります。

労働条件通知書と違う

会社は労働契約を締結する際に、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならないことになっています。

また、明示された労働条件と実際の労働条件が異なる場合は、労働者は労働契約を解除することが出来ます。求人条件と違う内容の仕事を命じられたとき、当初示された給料より低かったときでも、不満を明確に言わず、仕事を始めて時間が経つと、その労働条件に同意したと見なされることがあります。違うと思った時はすぐに会社に申し出るようにしましょう。

このようなケースで退職に至ったときは、法律上は、賃金の差額や就職と離職に要した時間等のロスに対する損害賠償を請求できる可能性があります。