カテゴリー
ハラスメント 就職

面接で嫌な気分になったときは

Last Updated on 2020年6月8日 by よも

トップページ職場でトラブルになったら>このページ

質問禁止事項がある

採用面接を受けると、会社の人からいろいろな質問をされます。応募者が仕事に適しているかを判断するためです。

しかし、何を質問してもよいということではなく、本籍、出生地、家族に関することなど本人に責任のない事項や、思想・宗教についてなど本来自由であるべき事項は聞いてはいけないことになっています。

そのように、厚生労働省(現場機関はハローワーク)が指導しています。

禁止されている質問をされたらどうするか

しかし、現実には、本来聞いてはいけない事項を当たり前のように質問する会社もあります。

何気なく聞いてくる場合もある

悪いことだと思わずに何気ない気持ちで聞いてくる担当者もいます。この場合、強く回答を拒否すると不採用になる可能性が高くなってしまうので、とりあえず内定をねらうのであれば、「よく分からない」と答えたり、答えてもよいと思う範囲で答えるというのが現実的な対応だとされています。

ここで考えなければならないのは、禁止事項を当たり前のように聞くような会社は、日常の仕事もそういう雰囲気でやっている可能性があるということです。面接は会社が応募者を選考する場ですが、応募者が会社の良し悪しを判断する場でもあります。自分がやっていけるか会社かどうかの判断基準としてとらえましょう。

なお、このような会社は、親が有力者であったり、親せきなどに有力な取引先がいると高い確率で内定をとれる傾向があるので、そうしたジョーカーを持っているのであれば積極的に披露するのも作戦の一つだと思います。

圧迫面接かもしれない

圧迫面接という手法があることも知っておきましょう。受ける方にとってはとても不快ですが、やっている方はあなたに対してだけやっているのでなく、誰にでもやっています。

バカにしたような態度をとる、話しにならないという態度をとる。どう話しても反論してくる、説教してくる、なんでも否定してくる、などの見苦しい態度で面接されることもあります。

なぜそんな面接をするかと言えば、ストレス耐性を見るのだと言われています。仕事上のストレスが大きく、柔な神経では乗り切れない可能性がある会社の場合、図太い人が欲しいので、この手法でふるいにかけるのです。(実際にはその担当者の人間性に問題があることが多いです。)

圧迫面接を本気に受け止めて傷つくのは馬鹿らしいです。ゲームだと思って割り切って対応することができれば乗り切れます。

その会社が給料や福利厚生が良くて、少しくらい厳しい面があっても入社したい会社だということであれば、最後まで気落ちせず乗り切る努力をしましょう。

しかし、そうした面接をする会社は、会社の体質に問題があることが多いものです。あなたがとてもじゃないがやってられないと感じたら、あなたに向いていない会社だと思われます。そのような会社には採用されない方が無難かもしれません。

担当者がおかしいだけのこともある

変な人は一定の割合でどこにでもいます。面接担当者もそうです。一人を見て会社全体を判断すると損することもあるので、面接前に会った人、面接会場にいる他の社員の雰囲気なども思い出しながら、総合的に判断しましょう。

また、悪質な面接担当者の例が報道されています。採用権をちらつかせて良からぬことを企む者がわずかだと思いますが存在しています。特に女性は、プライベートな内容に答えたり、個人的な連絡・呼び出しには絶対応じないように注意しましょう。