カテゴリー
雇用保険

常用就職支度手当

Last Updated on 2019年11月29日 by よも

トップページ雇用保険について>このページ

就職困難な人が就職したときに支給されます

常用就職支度手当は、基本手当等の受給資格がある方のうち、身体障害者、知的障害者、45歳以上の人など、就職が困難な人がが安定した職業に就いたときに支給される手当です。

基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1未満であることが必要です。

支給額の算式 90×40%×基本手当日額
上記式の「90」は最大値で、基本手当の支給残日数が90日未満である場合には、支給残日数に相当する数になり、その数が45を下回る場合は45になります。また「基本手当日額」は上限が5,825円(60歳以上65歳未満は4,720円)です。この上限は毎年8月に改訂されます。