カテゴリー
雇用保険

雇用保険の特例一時金

Last Updated on 2019年11月29日 by よも

トップページ雇用保険について>このページ

季節的雇用などの人が受給できる一時金

雇用保険の特例一時金は、短期雇用特例被保険者が失業した場合に支給される失業給付です。

短期雇用特例被保険者とは、「季節的に雇用される人」又は「短期間の雇用に就くことを状態としている人」をいいます。

「季節的に雇用される」とは、季節的業務に期間を定めて雇用され人または季節的に雇用されたり離職したりする人をいいます。

「短期間の雇用に就くことを状態としている人」とは、1年未満の期間の雇用形態を繰り返す人で一定の要件を満たす人をいいます。

短期雇用特例被保険者に該当していても、同一の事業主に引続き1年以上雇用された場合には、その1年以上雇用されるに至った日から一般の被保険者として扱われます。

支給額は基本手当の日額の30日分に相当する額が上限です。ただし、経過処置として当分の間40日分となります。