カテゴリー
年金

障害年金と老齢年金と併給

Last Updated on 2019年11月29日 by よも

トップページ健康をそこねたら障害年金のこと>このページ

原則として両方同時に受け取れない

公的年金は、一人一年金が原則です。

国民年金、厚生年金保険、共済組合等から、2つ以上の年金をうけられるようになったときは、いずれか1つを選択しなければなりません。

つまり、障害年金と老齢年金は同時に両方を受給することができないのが原則です。

ただし、例外として65歳以降の次の選択は可能です。

1.障害基礎年金+老齢厚生年金
2.障害基礎年金+遺族厚生年金
3.障害基礎年金+老齢厚生年金×1/2+遺族厚生年金×2/3

障害基礎年金に子の加算がついている場合、老齢厚生年金の子の加給年金額は支給停止になります。

遺族厚生年金に経過的寡婦加算が加算されている場合、障害基礎年金を選択受給する場合には、経過的寡婦加算は支給停止になります。