カテゴリー
年金

20歳前障害による請求

Last Updated on 2020年5月8日 by よも

トップページ健康をそこねたら障害年金のこと障害年金の請求手続き>このページ

20歳前障害による請求とは

20歳前は国民年金に加入できません。つまり、20歳前に初診日がある傷病で一定の障害の状態になっても、原則としては国民年金からの障害基礎年金を受給することができません。

この場合、例外的措置として、20歳に達した日(障害認定日が20歳以後の場合はその障害認定日)以降に請求することができます。

20歳に達した日の前後3ヶ月以内の診断書(障害認定日が20歳以後の場合は障害認定日から3ヶ月以内の診断書)が必要です。

受給権は20歳に達した日(障害認定日が20歳以後の場合は障害認定日)に発生します。受給権が発生した月の翌月分から障害基礎年金が支給されます。

なお、20歳前障害年金には所得制限があります。
障害年金と所得制限

この請求は、20歳前で国民年金に未加入であった人が該当するので、20歳前でも会社等に勤務して厚生年金保険の被保険者になっている人が、障害年金に該当するようなことになったときは、通常の障害年金請求ができます。