カテゴリー
年金

障害年金の遡及請求

Last Updated on 2019年11月24日 by よも

トップページ健康をそこねたら障害年金のこと障害年金の請求手続き>このページ

障害年金の遡及請求とは

遡及請求は認定日請求の一つです。

なんらかの理由で、障害認定日から1年以内に請求をしなかったケースです。この場合は、時期が異なる診断書が2つ必要になりますが、障害認定日から1年以上経過した後でも、障害認定日時点に遡って請求することができます。

通常の認定日請求の診断書は、障害認定日から3ヶ月以内の診断書だけですが、遡及請求では、時間が経っているので、請求時点の診断書も必要になります。

障害認定日の診断書が入手できなければ、遡及請求はできず、事後重症請求によることになります。

遡及請求に対して障害年金の支給が認められれば、受給権は障害認定日に発生するので、障害年金の支給は障害認定日の翌月分からとなります。

遡って支給されますが、時効の関係で、遡及による支給は5年前までの分になります。それ以上古い分は消えてしまいます。