カテゴリー
資格・勉強

調理師

Last Updated on 2020年6月28日 by よも

トップページとっておけば有利な資格>このページ

調理師とは

調理師とは、調理師の国家試験に合格した人が名乗ることができる資格です。

調理師免許がなくても調理人として調理業務に従事する事ができますが、調理を必要とする業界で責任ある立場で働くために必要な資格といえます。

調理といえば飲食店をイメージすることが多いですが、介護施設、病院、学校給食、ホテル旅館など、広く必要とされている技能です。

朝ごはんを用意するには早朝から準備にかかり、夕ごはんの片づけが遅い時間になるなど、勤務時間帯が一般の勤務と異なるところがネックですが、健康に影響がこないように交替勤務等の対策がとられています。

専門学校修了または2年以上の実務経験

調理師試験を受験するには、2年以上調理の実務経験(アルバイトでも可)が必要です。試験は、マークシートによる四肢択一方式です。

公益財団法人調理技術技能センター

試験を受けなくても、専門学校で1年以上の課程を修めていれば、試験無しで交付を受けることができます。

上のステップとして、専門調理師・調理技能士があります。