カテゴリー
就職

アルバイトの応募の仕方

Last Updated on 2019年11月27日 by よも

トップページ雇用形態による違いアルバイトで働く>このページ

電話で申し込むとき

アルバイトを電話で面接を申し出るやり方を書きます。

電話をかける時間

その職場の営業時間や忙しさを考えましょう。

その仕事をしたことがなければ分かりにくいかもしれませんが、次の点だけは気をつけましょう。

その職場の営業時間を調べて、営業時間内に電話します。営業時間が始まっても30分くらいは待ちます。朝礼などの打ち合わせをしているかもしれません。昼食時間帯も避けます。

特に、食堂系であれば、お昼時はは一番忙しい時間なので避けましょう。居酒屋系であれば6時以降は避けましょう。

一般的に大丈夫な時間は、10時、11時、14時、15時、16時ころです。

会話の一例

「もしもし。アルバイト募集のチラシを見てお電話したのですが、ご担当の方はいらっしゃいますでしょうか」

「はい。わたしが担当の山田です」

「初めまして、田中といいます。面接を受けさせていただきたいのですが、まだ募集していらっしゃいますでしょうか」

このあと、先方から面接の日時について話しがあります。時間を間違えないようにメモをとりながら話を聞きましょう。

通常は、数日先を指定されて、それでよいかどうか確認されます。場合によっては、「今でもよいですよ」と言われることもあります。そのような場合に備えて、電話をするときには履歴書など必要書類は準備を終わっておきましょう。

「ありがとうございます。それでは〇月〇日〇時にお伺いさせていただきます。よろしくお願いいたします」

電話をかけるときはの基本は、落ち着いて、ハキハキとです。落ち着くためには、何を話すかメモして、手元に置いて電話しましょう。

面接申出の電話で質問は

聞きたいことがあるときは、この最初の電話でしても構いません。ただし、ネットや求人情報誌に書いてあることを再度聞く必要はありません。再確認したければ面接のときでよいでしょう。

自分の働ける条件が、募集の条件と違う場合は、最初の電話で聞いてもよいでしょう。「休日は土日に限らないようですが、自分の場合土日は出れないのですが大丈夫でしょうか」「シフト制のようですが、自分の場合午前中だけしかでれませんがだいじょうぶでしょうか」などです。

希望とかみ合わない職場で無理に働いても、相手も自分もストレスがたまるだけです。だめであれば早めに判断するのも双方のためです。