カテゴリー
雇用契約

契約期間中の解雇等

Last Updated on 2020年8月19日 by よも

トップページ雇用に関係する法律労働契約法のあらまし>このページ

契約期間中の解雇には強い制約がある

労働契約法第17条
使用者は、期間の定めのある労働契約(以下この章において「有期労働契約」という。)について、やむを得ない事由がある場合でなければ、その契約期間が満了するまでの間において、労働者を解雇することができない。
2 使用者は、有期労働契約について、その有期労働契約により労働者を使用する目的に照らして、必要以上に短い期間を定めることにより、その有期労働契約を反復して更新することのないよう配慮しなければならない。

e-Gov法令検索 2020/08/19

やむを得ない事由がある場合でなければ、契約期間中は有期契約労働者を解雇することができません。

有期契約労働者は、期間の定めのない雇用契約の労働者よりも、その期間における地位が保証されているとされているので、「やむを得ない事由」というのは限定的に解釈しなければならないと考えられています。

したがって、単なる業績不振では足りず、企業が倒産したとか、天変地異などで事業継続が不可能になったなどの相当なやむを得ない事情がある場合に限られると解釈されています。

期間が短い労働契約の反復

2項は、契約期間について配慮を求める規定です。

どの位の期間であれば「必要以上に短い労働契約」になるかは示されていません。また、配慮義務であるため、違反したとしても、労働契約そのものが無効となるわけではありません。

ただし、不必要に短い有期労働契約の反復更新を継続していると、期間満了による契約終了を主張できない場合があると考えられています。