雇用や解雇のルールは労働契約法に定められている

Last Updated on 2021年1月12日 by よも

トップページ>このページ

労働契約法とは

労働基準法は、守られるべき労働条件を規定し、違反を罰則により取り締まる法律です。労働契約法は、罰則はなく、労働契約についての基本的なルールを明らかにすることで、個別労働紛争を未然に防止し、労働者の保護を図ることを目的としています。

第5条 労働者への安全の配慮
関連記事:労働者の安全への配慮

第8条 労働契約の内容の変更

第9条 就業規則による労働契約の内容の変更

第11条 就業規則の変更に係る手続き

第14条 出向
関連記事:出向してくれと言われたら

第16条 懲戒
関連記事:懲戒について法律で決められていること

第16条 解雇
関連記事:解雇について法律で決められていること

第17条 契約期間中の解雇等
関連記事:契約期間中の解雇等

第18条 有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換
関連記事:期間の定めのない雇用契約への転換

第19条 有期労働契約の更新等