カテゴリー
労働条件

パートタイム等の年次有給休暇

Last Updated on 2019年11月17日 by よも

トップページ雇用に関係する法律労働基準法のあらまし年次有給休暇>このページ

有給休暇制度の対象になる人

パートタイム等であっても次の3つの条件を満たせば、正社員と同じ日数の有給休暇が付与されます。

①6か月間の継続勤務
②全労働日の8割以上の出勤
③週5日以上の勤務

週4日以下の勤務でも、週の所定労働時間が30時間以上であれば同様の扱いになります。

労働時間が少ない場合は比例付与になる

週の所定労働時間が4日以下で、週の所定労働時間が30時間未満の場合でも、その所定労働日数に応じた日数の有給休暇が付与されます。

比例付与が適用されるのは、

週所定労働日数が4日以下(週以外の期間で労働日数が決められている場合は、年間所定労働時間が216日以下)

かつ

週所定労働時間が30時間以下の場合です。

つまり、週所定労働時間が30時間以上であれば、パートタイムであっても、通常の労働者と同じ日数の年次有給休暇がつきます。

付与日数表

週所定労働日数が4日で1年間の所定労働日数が169日~216日

勤続年数付与日数
6ヶ月7日
1年6ヶ月8日
2年6ヶ月9日
3年6ヶ月10日
4年6ヶ月12日
5年6ヶ月13日
6年6ヶ月以上15日

週所定労働日数が3日で1年間の所定労働日数が121日~168日

勤続年数付与日数
6ヶ月5日
1年6ヶ月6日
2年6ヶ月6日
3年6ヶ月8日
4年6ヶ月9日
5年6ヶ月10日
6年6ヶ月以上11日

週所定労働日数が2日で1年間の所定労働日数が73日~120日

勤続年数付与日数
6ヶ月3日
1年6ヶ月4日
2年6ヶ月4日
3年6ヶ月5日
4年6ヶ月6日
5年6ヶ月6日
6年6ヶ月以上7日

週所定労働日数が1日で1年間の所定労働日数が48日~72日

勤続年数付与日数
6ヶ月1日
1年6ヶ月2日
2年6ヶ月2日
3年6ヶ月2日
4年6ヶ月3日
5年6ヶ月3日
6年6ヶ月以上3日

正社員転換時の扱い

パートタイマーから正社員に転換した場合は、パートタイマーとして勤務していた期間も勤続年数に加えられます。週3日で3年勤務していた者が正社員として6ヶ月勤務した場合は、勤続3年6ヶ月となり、14日の有給休暇が付与されることになります。