カテゴリー
仕事のコツ

ご馳走していただいた翌日のお礼メール

Last Updated on 2020年6月7日 by よも

トップページ仕事のコツビジネスメールについて>このページ

メール作成のポイント

仕事上の関係の人と会食したときは、できれば、電話でお礼を伝える方がよいでしょう。メールするのであれば、あまりくどく無い方がよいでしょう。心に残った言葉や、気づきなどを具体的に書いた方がよいとする人もいますが、飲みの席でのことはふれない方が無難です。さらりとお礼を伝えるだけで充分です。エピソードは会ったときに話せばよいことです。丁寧に書こうとあれこれ盛ったメールは、他人の目にふれたときに、癒着や便宜供与などの誤解を生じるおそれがあります。

【タイトル】

昨日はありがとうございました

【本文】

株式会社義経商事
専務取締役 佐藤継信様

いつもお大変世話になっております。

株式会社平家の北条です。

昨日は、お招きいただきありがとうございました。

佐藤様はじめ皆様と楽しく時間を過ごさせていただきましたこと、心からお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
————————————————–
株式会社鎌倉商会 営業部
北条義時
住所:〒333-3333 東京都一番区二番町1-1-1
TEL:03-0000-0000 FAX:03-0000-0000
URL:http://www.xxxxx.co.jp
Mail:t-sato@xxxxx.co.jp
————————————————–