結婚を考えはじめたときに知っておきたい結婚のあれこれ

トップページ>このページ

結婚とは

結婚とは、一般的には、法的な手続きを行うことによって、夫婦という関係になることを意味します。

法的な手続きをしなくても夫婦という関係を持つことはできます。内縁関係とか事実婚といいます。法的な手続きをしていないと法定相続人にならないなど、不利になることがあります。

民法は結婚について次のように定めています。

(婚姻の届出)
民法第739条 婚姻は、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる。
2 前項の届出は、当事者双方及び成年の証人二人以上が署名した書面で、又はこれらの者から口頭で、しなければならない。

結婚の手順

法律上の結婚は市区町村の窓口に届出ることで成立しますが、結婚式や披露宴をするのが一般的です。また、仲人をたてて結納をすることもあります。

結納

仲人と媒酌人

婚姻届

結婚式

披露宴

夫婦になると変わる法律上の関係

結婚することでどちらかの名字がかわり、それぞれが双方の相続人になるなど、法律的に変化することがあります。

結婚後に称する氏

結婚すれば財産はどうなるか

同居し、協力し、扶助する義務

婚姻の取消し